インボイス制度の概要と電子帳簿保存法のポイント

2023年10月から消費税「インボイス制度」が導入されます。

インボイス制度下では、インボイス (一定の事項が記載された請求書)の保存が、消費税の仕入税額控除を受ける必要条件の一つになります。
発行した事業者もインボイスの写しの保存が義務付けられるため、売手側も買手側も、経理に係る事務作業の増加が予想されています。

このような背景の下、ペーパーレス化が望ましいとされていますが、電子データでインボイスを保存するにあたっては、電子帳簿保存法への対応が必要になります。

本セミナーでは 2022年1月に改正された電子帳簿保存法のポイントを含めた、インボイス制度への対応について解説いたします。是非ご聴講ください。

申込はこちらhttps://forms.gle/sv5BzWSNsGNMczzD7